So-net無料ブログ作成
検索選択

91%が「新聞読む」=朝刊24分、ネットと併用も―新聞協会調査(時事通信)

 新聞を読んでいる人は91.3%、平日に朝刊を読む時間は平均24.8分―。日本新聞協会は7日、「全国メディア接触・評価調査」結果を発表した。新聞読者の割合は2年前の前回調査より1ポイント減ったが、9割台を維持しており、同協会は「新聞が日常生活に欠かせない基幹メディアであることが改めて確認された」としている。
 調査は5回目で、2009年10〜11月に全国の15〜69歳の男女6000人を対象に実施。3683人から回答を得た。
 1週間に朝刊を読むのは平均5.2日。「地域や地元の事がよく分かる」「情報源として欠かせない」などの項目で、テレビ、ラジオ、雑誌インターネットの他メディアを抑えてトップとなった。約9割が自宅で新聞を読み、約7割が10年以上同じ新聞を購読。91.9%が戸別配達制度を支持すると答えた。
 「社会にとって不可欠と考えているメディア」として、新聞を挙げた人は社会や環境に関心が高い傾向が見られ、50代以上と若年層ではインターネットと併用する読者が多い。「テレビ」と回答した人は30〜40代と女性、「インターネット」と答えた人は40代以下で目立った。 

【関連ニュース
関係団体からヒアリングへ=著作物利用の新規定導入で
大賞は「ヒッチハイクで春つかむ」=ハッピーニュース2009-新聞協会
全国78紙が同一広告掲載=新聞の媒体力をアピール
日本版フェアユースに反対=文化審小委に意見書

宇宙ヨット 「イカロス」帆を広げる…金星に向かって飛行(毎日新聞)
福島原発に異常なしと東電=福島地震(時事通信)
国民の信頼回復にまい進=菅内閣、初閣議で基本方針(時事通信)
職質2警察官を引きずり車逃走 大阪・西成(産経新聞)
三和、文化、東洋シヤッターに課徴金55億円(読売新聞)

直嶋経産相「菅氏へ投票決めた」(産経新聞)

 直嶋正行経済産業相は4日、鳩山由紀夫首相の退陣表明に伴う民主党代表選で、「菅(直人)さんに投票しようと決めている」と明言した。民主党政権として政策の一貫性をとるため、同じ内閣の副総理を務めてきた管氏が最もふさわしいと判断したという。

 一方、鳩山首相と同時辞任した小沢一郎幹事長については、「選挙の体制づくり、党内の基盤づくりでいえば大きな功績があったことは事実」としながらも、「政治と金の問題で、国民の不信をかってきた」と批判。新内閣は国民の政治に対する信頼を取り戻すことが最大の課題だとの認識を示した。

 また自身の続投については,「道半ばで、やりたいこと、手がけてきたことがたくさんある」と意欲を示した。5日から札幌で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の貿易大臣会合についても、「新たな方が任命されれば行く必要ないが、私がいく状況なら予定通りいきたい」と述べた。

【関連記事】
菅氏「首相から(引き継ぎの)メモをいただいた」
「いちいち目くじら立てられない」 山岡氏、菅氏の小沢はずし発言に
小沢氏側近の松木氏、菅氏の小沢外し発言に不快感
菅氏でも樽床氏でも 14年ぶり“非世襲”首相
菅氏、早くも“上から目線”!? 「小沢さん静かにしていて」

“歯科医師”にどんなイメージを持っていますか?(Business Media 誠)
池波正太郎生誕地で清掃 台東区浅草(産経新聞)
死亡時画像診断の活用で検討会設置へ−厚労省(医療介護CBニュース)
「参院選、プラスにならぬ」 府県連、首相辞任に厳しい反応(産経新聞)
<愛子さま>少しずつ元気に 雅子さま終始付き添い(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。